雨漏りによって家屋の寿命が縮んでしまう恐れがあります

作業員

こだわりの家作り

外観

日本には、様々な住宅文化があります。元々は木造での家屋が一般的だった日本の住宅ですが、欧米の文化などからそのスタイルを真似た家屋も増えてきました。外構や門柱にこだわった家庭も最近ではよく目にするようになりました。外構とは堀や門、車庫などの家屋の周りの環境のことを指します。庭やアプローチの事も外構といい、別名エクステリアと言います。家屋の顔と言ってもいいでしょう。外構には様々な種類があり、あたり一面を堀で囲んだ外構や、その逆に囲いを設けないオープンな外構もあります。また、その中間を撮った外構も存在しています。家屋の雰囲気に合わせて外構のデザインを検討してもいいでしょう。門柱とは、書いて字のごとく門の両サイドに立つ柱のことを言います。こちらも玄関や外構の入り口などに建つ言わば家の顔なので、デザインや大きさに注意しなければなりません。

最近では、こういった家屋から外構、門柱まで全てを既定のデザインではなく、デザイナーに依頼したお家というのも増えてきました。デザイナーが全てをデザインしているため、テーマに沿って制作してくれます。また、材質にこだわる人もいます。全てレンガで作られたまるでヨーロッパの町並みから切り取ったかのような外構や門柱もあります。その他にも、家族で一緒につくり上げる外構や門柱もあります。お子様や家族の手形を付けたり、家族皆で絵を書いたりとその外構を見るだけでも家族の仲の良さを伺う事ができます。もしマイホームの建設を検討しているという人は、外構や門柱にもこだわりましょう。建設会社やデザイナーとも相談して、悔いの残らない家作りをしていきましょう。