雨漏りによって家屋の寿命が縮んでしまう恐れがあります

傘

電気を作って貯める

ソーラーパネル

蓄電池という物があります。これは、電気を貯める事のできる装置です。国は、この蓄電池の設置を促したいという狙いから、補助金制度を作りました。蓄電池の補助金で安くで設置が可能です。

Read More...

こだわりの家作り

外観

日本の住宅は様々な種類があります。木造だけでなく、欧米の文化を取り入れた家屋も増えています。その中でも外構や門柱は家屋の顔とも言える場所なので、家を建てる際はこれらにも気を着けてみましょう。

Read More...

雨漏り撃退

作業員

日本は、雨の多い地域だといえます。梅雨時期は長期に渡りしとしとと雨がふりますし台風による雨やゲリラ豪雨による被害も最近ではよく目にするようになりました。雨が多いと、家庭にも様々な被害が出てきます。それは、洗濯物が乾きにくいといった生易しいものだけではありません。床下浸水や雨漏りなどの被害です。特に木造住宅の多い日本の住宅では、漆喰の割れ目から雨水が侵入してきたり、瓦の隙間から雨水が入ってきたりします。もし雨漏りを発見した場合、すぐに対策を打つのが最善策であると言えます。何故なら、一度雨漏りをすると、そこから自然に回復をすることなどもちろんなく、雨漏りの隙間はドンドンと広がっていきます。そして、最悪の場合、天井が崩れ落ちることもあるでしょう。また、天井の木材が水を含むことになり、腐ったりシロアリが発生したりします。もしそうなってしまったら、屋根だけでなく、家屋自体の寿命を縮めることになってしまうのです。なので、こういったトラブルを早めに終止符を打つ為に、早めに雨漏りの修理業者を呼んで治して貰いましょう。それこそが、建物の寿命を延ばす方法だと言えます。

雨漏りは、なにも木造住宅の問題だというわけではありません。コンクリートの住宅にもその可能性はあります。コンクリートに入った亀裂から雨水が浸透して、雨漏りになる事があります。また、天窓があるお家も可能性があります。窓と屋根をつなぐパッキン部分が損傷し、そこから雨水が落ちてくることもあります。どちらにせよ、もし雨漏りを発見したら、プロに依頼することをオススメします。

建物を破壊する

瓦礫

老朽化の進む建物を壊したり、新しい建物を建設したりを考えた時は、解体工事業者に依頼しなければなりません。最近では粉塵も少なく、騒音被害も出ていないため、近隣住民を意識しなくても良くなりました。

Read More...